【名護】8月上旬に田植えをした羽地の川上ターブックヮの稲が花を咲かせているのが18日、確認できた=写真。農家によると、初めて咲く花は出穂(しゅっすい)と呼び、初穂のこと。今月末までは稲の花が観察できるという。高さ約70センチまで伸びた稲は一面緑のじゅうたんを思わせ、白い初穂が秋風に揺れていた。