沖縄タイムス社は、琉球古典芸能の継承・発展を目的に第一人者による特別公演「いのちの道~魂の舞台~」を那覇市のタイムスホールで開催します。新型コロナウイルスにより3月から多くの舞台が中止・延期となり、琉球古典芸能の存続に大きな影響を与えています。舞台は実演家が積み重ねた技芸を披露する場であると同時に、鑑賞する芸能ファンがその思いを受け取る場でもあり、「withコロナ」の今も舞台の重要度は変わらず、感染防止対策を整えて実施いたします。また遠隔地や会場に来られない方向けに、オンライン配信アプリ「Zoom(ズーム)」を利用しライブ配信します。

▽日時 10月18日(日)午後5時開演(午後4時開場)

▽会場 タイムスホール(那覇市久茂地)

▽出演者 島袋光晴氏、宮城幸子氏、佐藤太圭子氏による舞踊、城間徳太郎氏、金城タケ子氏、勝連繁雄氏の琉球古典音楽独唱、比嘉聰氏の太鼓独奏。地謡は比嘉康春氏ら。勝連氏とフリージャーナリストの崎山律子氏の対談もあります。

▽入場料 全席指定で150席。前売り4千円、当日5千円。電話予約のみで、公演当日に会場受け付けで支払い。

▽オンライン配信料 500人限定で前売り2千円(https://amply.jp/events/324から申し込み)

▽コロナ対策 (1)座席数は収容定員(358席)の50%以内とし、観客同士の距離を保ちます(2)入場前の検温と手指消毒、マスクの常時着用、受け付けで連絡先記入を求めます(3)開場・休憩時に扉を開放するなど換気に努めます

▽主催 沖縄タイムス社

▽問い合わせ・予約受け付け 沖縄タイムス社読者局文化事業本部、電話098(860)3588(平日午前10時~午後5時)。オンライン配信は総合メディア企画局、電話098(860)3537