カラダノート(東京)など新興IT企業7社でつくる「子育Tech(テック)委員会」は、スマートフォンのアプリを活用し、子育て世帯の負担軽減を目指している。離乳食づくり支援やママ友探し、赤ちゃんの泣き声で感情を推測するサービスなどを提供しており、広報担当者は「ぜひ試してほしい」と話している。