琉球王朝時代の宮廷料理として知られる「ミヌダル」。豚の薄切り肉に、黒ゴマだれをまぶして蒸したものですが、今回は鶏肉を使ってアレンジしました。黒胡麻ディップと白胡麻ディップで、味の変化もお楽しみ下さい。琉球の伝統的な味を、手軽におしゃれに食卓に並べてみてはいかがでしょうか。

〈蒸し鶏のミヌダル風の材料〉

・鶏胸肉(2枚)

・白すり胡麻(大さじ3杯)

・黒すり胡麻(大さじ3杯)

・ゆずこしょう(大さじ1杯)

・豆板醤(大さじ1杯)

・アーモンドピーナッツ(お好みで)

・ヨーグルト(適量)

〈トッピングサラダの材料〉分量はお好みで!

・ブーケレタス 

・ミニトマト

・スプラウト

・レモン 

・ライム 

【作り方】

1.鶏胸肉を切る。平たくなるように、開きながら切るのがポイント。

2.切った鶏胸肉を更に平たくなるように、包丁の背で伸ばし、好みの大きさに切り分ける。

3.蒸し器に水を入れ、切った鶏胸肉を並べる。

4.蓋をして、沸騰するまで約7分蒸す。お湯が沸騰して、鶏肉の中まで火が通っていればOK。白くなっているのが目安。

5.2種類のディップを作る。

6.白胡麻ディップは、白胡麻、ゆずこしょうを器に入れる。お好みでアーモンドピーナッツを加えると味が濃厚になります。硬さ調整で、ヨーグルトを適量加える。味と硬さを調整しながら材料を混ぜる。

7.黒胡麻ディップは、黒胡麻、豆板醤を器に入れる。お好みでアーモンドピーナッツを加える。ヨーグルトを入れたら、味と硬さを調整しながら混ぜる。

8.完成した2種類のディップを蒸した鶏胸肉に塗る。好みですり胡麻を振りかける。

9.トッピング用に用意した野菜をお皿に盛って、鶏肉を並べて出来上がり。

動画URLは次の通りです。

https://youtu.be/FjDVk63PUhk

前回の「【第1回】デトックス効果抜群のパクチーサラダ」の動画

は次の通りです。

https://youtu.be/HWTfaCy3DDk