連休中の東京で夜空を眺めていると、他の星とは明らかに違う輝きの光を見つけた。UFOかと、スマホで撮影したが動きは止まったまま。どうやら、その正体は惑星の光だったようだ▼国立天文台によると、秋分を迎えて明け方の空で火星が存在感を増し、10月の最接近に向けてますます明るく大きく見える。