新型コロナウイルスの影響で規模が縮小された6月23日の沖縄全戦没者追悼式の実施場所を巡り、県が当初、国立沖縄戦没者墓苑への変更を決める過程で検討した四つの案がこのほど、公開された。