ソフトバンクグループの子会社「新型コロナウイルス検査センター」の検査施設が24日、千葉県市川市の国立国際医療研究センター国府台病院内で稼働を始めた。唾液を用いたPCR専用の施設で、当初は企業や自治体などの団体向け。ホームページを通じて申し込み、送られてきたキットを返送する。1検体当たり2千円(税別、配送料・包装費除く)で、受領した即日結果が出る。

 唾液を用いたPCR検査施設で行われる作業=24日午後、千葉県市川市の国立国際医療研究センター国府台病院

 開業セレモニーにはソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が出席し、「経済の再稼働と感染拡大抑止の両方を成り立たせるために、いつでもどこでも何度でも、安く簡単に検査を受けられる体制は欠かせない」と述べた。(共同通信)