霜降り明星は名実ともに「お笑い第七世代」のリーダー的な存在である。そもそも「第七世代」という言葉が広まったきっかけは、ボケ担当のせいやが何げなくラジオ番組でこの単語を口にしたことだった。