「以前、お会いしましたよね」、「いやぁ、あのときはお互い派手にやっちゃいましたね」-。そんな会話をもうひとりの自分と交わしているような、不思議で身近な錯覚を覚えるタイム・サスペンス。多くの映画ファンが待っていた、鬼才・クリストファー・ノーラン監督の最新作だ。