[胃心地いいね](594)

一番人気の「とろけるチーズ月見のせ」トッピングのハンバーグ(1180円)と、水出しアイスコーヒー(300円)=20日、北中城村・北中バーグ

「地域に愛されるお店にしたい」と話すオーナーの津嘉山直樹さん(右から3人目)とスタッフら

北中バーグ

一番人気の「とろけるチーズ月見のせ」トッピングのハンバーグ(1180円)と、水出しアイスコーヒー(300円)=20日、北中城村・北中バーグ 「地域に愛されるお店にしたい」と話すオーナーの津嘉山直樹さん(右から3人目)とスタッフら 北中バーグ

 国道330号を瑞慶覧からライカム方面に向かうと、左手に真っ赤に目立つ看板のお店がある。県内では珍しいハンバーグの専門店「北中バーグ」だ。7月にオープンしたばかりだが、すでに常連客が足しげく通い、家族連れや地域の人でにぎわう人気店となっている。

 店内はオーナーの津嘉山直樹さん(46)が自らアンティークショップを巡り、そろえたという照明や装飾で統一され、落ち着いた雰囲気で食事が楽しめる。

 ハンバーグ専門店の名の通り、メニューはハンバーグのみ。150グラム(980円)から400グラム(1800円)まで大きさを選ぶことができ、すべてライス、スープ、サラダが付く。

 津嘉山さんは「食べた人は皆喜んでくれる。首里から週3日通ってくれる常連さんもいます」と、その味に自信を見せる。

 メニューをハンバーグ一本に絞る一方、トッピングやソースのバリエーションで飽きさせない工夫もある。

 12種類あるトッピングの一番人気は、チーズをのせたハンバーグの上に目玉焼きを乗せた「とろけるチーズ月見のせ」(200円)。そのほか「アボカドトマト」(300円)や「とろけるチーズトマト」(200円)も人気だという。

 ソースは定番のデミグラスソースのほか、ガーリックソースやアーサポン酢など5種類をそろえ、そのほとんどが北中バーグのオリジナル。今後は通信販売などにもつなげたいという。

 持ち帰りのハンバーグ弁当も人気。店内で提供するものとは焼き加減を変え、低温で調理したハンバーグで「冷めてもふっくらジューシーに食べられる」と好評だ。(中部報道部・仲村時宇ラ)

 【お店データ】北中城村瑞慶覧633の1。営業時間は平日・午前11時~午後3時(ラストオーダー)、金・土・日・祝日は午前11時から午後4時(ラストオーダー)。火曜日は休み。電話098(954)0753。