【ジャカルタ共同】インドネシア政府は24日、新型コロナウイルス感染症による国内の死者が1万105人に上ったと発表した。死者が1万人を超えたのは東南アジアで初めて。感染者数は26万2022人だった。

 政府が提供した埋葬地で、防護服を着てひつぎを埋葬する作業員ら=24日、ジャカルタ(ロイター=共同)

 感染の勢いは増す一方で、24日の新規感染者数は過去最多の4634人を記録。アニス・ジャカルタ特別州知事は24日の声明で、27日までの予定だった首都の行動制限の再強化期間を2週間延長し、来月11日までとすると明らかにした。

 医療従事者の感染も深刻で、インドネシア医師協会によると、これまでに医師115人が死亡している。(共同通信)