沖縄県の長嶺豊農林水産部長は24日の県議会で、1月に発生した豚熱(CSF)で防疫措置を行った10農場のうち、6農場が経営を再開したことを明らかにした。