琉球大学熱帯生物圏研究センターなどの合同研究チームは23日、インドネシアで新種のコモチサヨリを発見したと発表した。くちばしのように長く突き出した下あごが特徴の魚だが、新種は下あごが完全に退化している。