【ニューヨーク共同】米アマゾン・コムは24日、クラウド技術を活用し、テレビやパソコン、スマートフォンで本格的なゲームを楽しめるサービス「ルナ」を発表した。米国で試行する。日本での展開は未定。データセンターで処理するため、据え置き型の専用機は不要だ。

 米アマゾン・コムが始めるクラウドゲームサービス「ルナ」(同社提供・共同)

 米アマゾン・コムのロゴマーク=2018年9月、ワシントン州シアトル

 米アマゾン・コムが始めるクラウドゲームサービス「ルナ」(同社提供・共同)  米アマゾン・コムのロゴマーク=2018年9月、ワシントン州シアトル

 クラウドゲームは、米グーグルが昨年11月に米欧で参入。米マイクロソフトも今月、米欧などで始め、来年前半に日本でも開始する計画だ。巨大ITの相次ぐ参入は、日本のゲーム産業に影響を与えそうだ。

 さまざまなゲームを遊べるサービスは当初、月額5・99ドル(約630円)。ソフトはカプコンのバイオハザードシリーズなど。(共同通信)