当事者研究とは、障害や病などの何らかの労苦を抱えた当事者が、仲間との共同研究を通じて、回復へと至るための技法である。身体障害者を中心として社会変革を目指した当事者運動と、依存症者たちの自助グループという二大潮流が合流し、北海道浦河町の精神障害者たちによって当事者研究という技法が誕生した。