厚生労働省の感染症部会は25日、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査について、綿棒で鼻の入り口に近い鼻腔から検体を取る方法を認める案をおおむね了承した。従来の方法よりも簡単に採取できる利点がある。(共同通信)