指定暴力団住吉会系組員らが関与した特殊詐欺事件の被害者7人が「使用者責任がある」などとして、元住吉会トップらに計約2億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、使用者責任を認め、計約1億7千万円を支払うよう命じた。