沖縄県うるま市勝連内間の県道8号沿いにある木製の電柱の上で、大きなガジュマルの木が葉を広げ、周辺の住民を驚かせている。

電柱の上に葉を広げたガジュマル=16日、うるま市勝連内間

電柱の上に葉を広げたガジュマルを指さす真鶴勝義さん=16日、うるま市勝連内間

電柱の上に葉を広げたガジュマル=16日、うるま市勝連内間	電柱の上に葉を広げたガジュマルを指さす真鶴勝義さん=16日、うるま市勝連内間

 近隣住民によると、7~8年ほど前には電柱の先に小さな木の枝が顔を見せていた。鳥のふんに交じって種が落ちるなどしたとみられる。数年後にガジュマルが枝葉を広げてきたという。

 仕事でよく電柱の前を通る真鶴勝義さん(59)は「生命力に驚いた。新型コロナも吹き飛ばしそうだ。野鳥が巣を作ったら面白いな」と話した。(与古田徳造通信員)