障がいのある従業員が5人以上働く事業所で障がい者のサポート役として法律で配置が義務付けられている「障害者職業生活相談員」を、琉球大学が配置していないことが26日、分かった。琉大側は「設置義務がないと勘違いしていた」と説明。識者は「公的機関なら特に配慮が必要」と指摘している。