障がい者を5人以上雇用する事業所への配置が法律で義務付けられる「障害者職業生活相談員」。障がい者の悩みの相談に乗り、職場環境の改善なども担う。