沖縄初のアナウンサーとして活躍した川平朝清さん(93)と、息子のジョン・カビラさん(61)の対話を通して沖縄の戦後史などを紹介したラジオ番組について、FMラジオ局J-WAVEは25日からインターネットで無料配信を始めた。番組は昨年の慰霊の日に放送され、第57回ギャラクシー賞ラジオ部門で大賞に選ばれた作品。

昨年6月に番組を収録した川平朝清さん(左)とジョン・カビラさん(J―WAVE提供)

 番組は、川平朝清さんが終戦から本土復帰まで沖縄に在住して体験したことや感じたことをジョン・カビラさんがインタビューする形で構成されている。番組名は「J-WAVE SELECTION GENERATION TO GENERATION STORIES OF OKINAWA」。

 当日に放送しきれなかった内容を再編集。2時間を超えるインタビューを16話に分け、25日から毎週金曜日に2話ずつ公開する。同社の音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」などで聞くことができる。