海運業界が船舶の「脱化石燃料」に本腰を入れ始めている。国際海事機関(IMO)は海運分野の温暖化ガス排出量を今世紀中にゼロにする目標を掲げるが、達成には燃料の9割以上を占める重油から二酸化炭素(CO2)を排出しない燃料への転換が急務。