沖縄タイムス+プラス ニュース

「元気になれる」フルーツたっぷりパンケーキ “子どもカフェ”で甘いひととき

2020年9月28日 10:14

 新型コロナウイルスの影響を受けているひとり親家庭を支援しようと、那覇市牧志の「バーゴールドダスト」が26日から「子どもカフェ」を始めた。最初の客となった家族4人は、フルーツがたっぷりのったパンケーキに「元気になれる」と喜び、家族だんらんのひとときを楽しんだ。

フルーツがたっぷりのったパンケーキ

子どもカフェに最初の客として訪れた家族=26日、那覇市牧志

フルーツがたっぷりのったパンケーキ 子どもカフェに最初の客として訪れた家族=26日、那覇市牧志

 カフェは、県内のシングルマザー・ファザーの家庭が対象。看板メニューのパンケーキやクラムチャウダーを無料で提供する。保育園経営の経験もある新垣勝信店長(71)が「外出もままならず、ストレスがたまっている子どもたちに楽しんでほしい」と企画した。

 最初の客は、うるま市の親子4人。ドライブがてら2時間かけて来た。バナナやリンゴなど果物たっぷりのパンケーキを食べた小学生の男の子3人は「いつもよりおいしい」と笑顔。母親(42)は「子どもたちと一緒に来られて良かった。元気になって明日からまた頑張ろうと思える」とほほ笑んだ。

 カフェは水曜~日曜に開き、1日5組。事前申し込みが必要。10月25日まで。問い合わせは新垣店長、電話090(3327)3338。

連載・コラム
きょうのお天気