沖縄タイムス+プラス ニュース

「那覇軍港の早期移設返還を」市議会、賛成多数で意見書可決

2020年9月28日 11:54

 那覇市議会(久高友弘議長)は28日、9月定例会の本会議で、那覇港湾施設(那覇軍港)の早期移設返還を求める意見書を賛成多数(賛成21、反対14)で可決した。宛先は首相、外相、防衛相、国土交通相、県知事ら。

(資料写真)那覇軍港

 意見書では、8月18日に松本哲治浦添市長が玉城デニー知事、城間幹子那覇市長との3者会談で、那覇軍港の移設を浦添埠頭(ふとう)の北側に配置する「北側案」を受け入れ、3者の足並みが事実上そろったとし「移設返還計画がさらに前進することが期待されている」と訴えている。

 軍港の跡地利用、那覇港の開発は県全体、市の発展に大きく寄与すると強調。浦添市の判断を尊重し、跡地利用は地権者の要望に応えながら「移設返還、港湾計画改定に関する取り組みをさらに加速すべきだ」と求めた。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間