沖縄タイムス+プラス ニュース

豪州軍の対潜哨戒機、嘉手納基地を離陸 北朝鮮の「瀬取り」に対応 

2020年9月28日 12:18

 【中部】24日に米軍嘉手納基地へ飛来したオーストラリア(豪州)空軍のP8A対潜哨戒機1機が28日午前10時15分ごろ、同基地を離陸した。防衛省は、北朝鮮の船が別の船に横付けして物資を積み替える「瀬取り」対応として、豪空軍が嘉手納基地を拠点として警戒監視活動を行うと発表しており、任務飛行とみられる。同国の航空機による警戒監視活動は2018年以降、7度目。

嘉手納基地を離陸するオーストラリア空軍のP8A対潜哨戒機=28日午前10時17分、同基地(読者提供)

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気