米軍普天間飛行場内で4月、米兵らのバーベキューが原因で、格納庫から人体に有害な有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)を含む泡消火剤が大量に漏出した。本紙が入手した米海兵隊の事故調査報告書には、泡消火剤に接触した海兵隊員3人が、頭痛や吐き気、呼吸困難や肌のかゆみなどを発症した経過がつづられている。