沖縄タイムス+プラス プレミアム

泡消火剤に触れた海兵隊員「激しい頭痛が始まり呼吸困難に」 警報装置の操作方法、誰も知らず

2020年9月29日 13:15有料

 米軍普天間飛行場内で4月、米兵らのバーベキューが原因で、格納庫から人体に有害な有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)を含む泡消火剤が大量に漏出した。本紙が入手した米海兵隊の事故調査報告書には、泡消火剤に接触した海兵隊員3人が、頭痛や吐き気、呼吸困難や肌のかゆみなどを発症した経過がつづられている。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間