沖縄防衛局が県に提出した名護市辺野古の新基地建設の設計変更申請を巡り、沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の具志堅隆松代表が28日、県海岸防災課を訪れ、本島南部の岩ズリの採取は遺骨の収集や返還ができなくなるとして、不承認とするよう求める意見書を提出した。