鹿児島銀行(松山澄寛頭取)が沖縄へ進出し、28日で5年を迎えた。住宅ローンなど個人客から開拓し、2年目からは法人融資を本格化。3年目には支店を二つにして営業基盤を強化してきた。その結果、今年3月末までに貸出金残高は1032億円と地元3行合計の2・6%に達し、徐々に存在感を高めている。