JR九州は29日、九州を巡る新しい観光列車「36ぷらす3」に使う車両を北九州市で報道陣に公開した。黒い外観の6両編成で全客席をグリーン席とし、畳敷きのグループ用個室も設けた豪華な車内が特色。鹿児島中央から博多(福岡市)まで4日間かけて走る行程で、最初の営業列車が10月16日に鹿児島中央を出発する。

 報道陣に公開されたJR九州の観光列車「36ぷらす3」=29日午後、北九州市

 主に博多―長崎を結ぶ特急「かもめ」の一部列車などに使っている787系を改造し、定員は105人。両端の1、6号車は畳敷きで、1~3号車はソファや机を設けた個室になっている。(共同通信)