公立小中学校の少人数学級を検討している文部科学省は24日、1学級当たりの児童生徒数の上限を今後10年かけて30人に引き下げた場合、少子化によって追加的な財政負担がほとんど必要ないとする試算を明らかにした。