【ニューヨーク共同】米アマゾン・コムは29日、手のひら認証技術「アマゾンワン」を発表した。端末にかざすだけで決済の手続きができる。クレジットカードとひも付け、店舗での支払いを迅速化する。米国で2018年から展開するレジなしコンビニで導入し、他企業にも提供する。

 手のひら認証技術「アマゾンワン」の端末(アマゾン提供・AP=共同)

 米アマゾン・コムの手のひら認証技術「アマゾンワン」(同社提供・共同)

 手のひら認証技術「アマゾンワン」の端末(アマゾン提供・AP=共同)  米アマゾン・コムの手のひら認証技術「アマゾンワン」(同社提供・共同)

 新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、非接触型技術の注目が高まっており、普及に向けて追い風となりそうだ。アマゾンは、オフィスビルやスタジアムでの展開を想定している。

 日本では富士通が手のひら認証技術に力を入れている。銀行の現金自動預払機(ATM)やオフィスビルの入退出で実用化されている。(共同通信)