沖縄タイムス+プラス プレミアム

基地返還前の不発弾調査拒む米軍 跡地開発したい宜野湾市の苦肉の策とは

2020年10月1日 16:30有料

[リポート’20 宜野湾] 【宜野湾】2015年に返還された米軍キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区(約51ヘクタール)。現在、琉大医学部・琉大病院の移転を目玉として、土地の造成が進んでいる。今年5月には、同地区で米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業があった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気