【大宜味】花からほのかな香りを漂わすのが特徴のハナシュクシャ(ショウガ科)が、押川集落入り口の山道沿いで白い花を咲かせている。群生地が3カ所ある。 草丈は約1.5メートル。白い花はチョウを思わせる。熱帯アジア原産で、別名がホワイトジンジャーやシュクシャ。葉の長さが約50センチの多年草。