コロナ禍の自粛生活中、紀行小説「深夜特急」の著者で知られる作家、沢木耕太郎さんの新作「旅のつばくろ」を読んだ。国内旅行のエッセー集で、高校1年生の時に東北を一周した初めての一人旅なども書かれている▼「つばめのように軽やかに。そう、人生も、旅も」。本の帯に書かれている一文にワクワクする。