沖縄タイムス+プラス ニュース

「4連休中に拡大」沖縄26人感染 9月2番めの多さ

2020年10月1日 07:56

 県は30日、新たに10代から80代の男女計26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。累計感染者数は2486人。1日当たりの感染者数は9月では2番目に多い。県の糸数公保健衛生統括監は「県内の人が4連休中に会食などの活動をしたことで広がっていると考えている」と話した。

(資料写真)新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状

(資料写真)新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供) 県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状

「県外の持ち込み例多くない」

 新たに感染が確認された26人のうち6割超の17人の感染経路が分かっていない。感染経路が分かっている9人は家庭内や、飲み屋に行くなど夜の飲食での感染とみられるという。

 地域別では那覇市11人、中部保健所管内5人、沖縄市4人など。年代別は60代が9人で最多、20代5人、50代4人などと続き、70代以上は3人にとどまった。

 糸数統括監は「県外から持ち込まれた例は多くなく、傾向としては県内の人が飲食するなどして感染する例が多い」と話した。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者は6・73人で東京の8・25人に次ぎ全国で2番目だった。

 在沖米軍関係の感染者はいなかった。県によると、米軍基地内では定期的に無作為の検査を実施しているといい、30日は検査数が258件と普段より多く報告されたという。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ