2019年度の県立高校から旧帝大などの難関国立大学への現役合格者数について金城弘昌県教育長は29日、44人になったと明らかにした。14年度は25人、15年度は28人、16年度は19人、17年度は22人、18年度は28人。同日の県議会9月定例会の一般質問で石原朝子氏(沖縄・自民)への答弁。

(資料写真)教室

 19年度の県立と私立を合わせた県全体の合格者81人のうち県立は44人、私立は37人。金城教育長は「ここ数年間私立の合格者が多かったが、19年度は県立が私立を超えた」と述べた。

 県教委が規定する難関国立大とは北海道大、東北大、東京大、名古屋大、京都大、大阪大、九州大、一橋大、東京工業大、神戸大の10大学。

 一方、本島北部から中南部の進学校などに「生徒が毎年50人程度流出しているのが課題となっている」とし、北部で中高一貫校の早期設置に向けて取り組んでいると説明した。

 県教委は大学進学率の改善を図るため中高一貫校の設置、県外の難関大へ生徒を派遣し体験受講する「進学力グレードアップ推進事業」などに取り組み、19年度は1年生160人、2年生171人の計331人を派遣した。20年度は新型コロナで中止になっている。

 経済的な理由で県外難関大等への進学が困難な生徒に対し、県外進学大学生奨学金事業を実施するなど支援している。