沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の玉城知事、財政支援を要請 西村大臣「連携しながら対応したい」

2020年10月1日 13:58

 沖縄県の玉城デニー知事は1日、新型コロナウイルス感染症対策の視察のため来県している西村康稔経済再生担当相と会談した。知事は、医療機関の経営や、経済回復に向けた財政支援を求めた。西村氏は「連携しながら対応したい」と応じた。

沖縄県内の新型コロナウイルス感染症対策について、玉城デニー知事と会談する西村康稔経済再生担当相(左)=1日、県庁

 知事は「医療機関の経営支援に必要な財源が、まだまだ不足している」と述べ、緊急包括支援交付金の増額や使途拡充を要望。経済対策では「需要の回復が喫緊の課題だ」と指摘し、地方創生臨時交付金の増額を求めた。

 西村氏は「地域の医療機関がきちんと役割を果たせるよう支えていきたい」と強調。「感染防止対策を徹底しながら、経済活動と両立を図ることが大事だ」と述べ、「Go Toキャンペーン」などを通じて経済回復を支援する考えを示した。
 西村氏は同日午前、那覇市内で県内経済団体とも意見交換会した。


 

連載・コラム
きょうのお天気