集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法は違憲で、平和的生存権が侵害されたとして、群馬県の住民らが国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、前橋地裁は1日、請求を棄却した。(共同通信)