[胃心地いいね](595) 古宇利家 今帰仁村古宇利

アレンジを楽しめるタコライス(左)と古宇利産の紅イモを使った紅いもスムージー

「店内ではのんびりと過ごしてほしい」と話す伊澤淳子さん(左)・伊藤雅人さん夫妻=9月27日、今帰仁村古宇利・古宇利家

古宇利家

アレンジを楽しめるタコライス(左)と古宇利産の紅イモを使った紅いもスムージー 「店内ではのんびりと過ごしてほしい」と話す伊澤淳子さん(左)・伊藤雅人さん夫妻=9月27日、今帰仁村古宇利・古宇利家 古宇利家

 古宇利島の北側にあるティーヌ浜の近くに、落ち着いた雰囲気のカフェ「古宇利家(CAFE KOURIYA)」がたたずむ。東京から移住した伊澤淳子さん(37)・伊藤雅人さん(58)夫妻が2016年5月にオープンした。

 人気のタコライス(800円)はアグー豚のひき肉にスパイスを加え、塩で味付け。お好みで自家製サルサとライムを加えてアレンジを楽しむことができ、沖縄の一般的なタコライスとはひと味違った味わいだ。

 主にやんばる産や県産食材を使用し、オリジナルブレンドのスパイスを効かせたスパイシーカリー(800円)もオススメ。古宇利産の黒糖を使ったスパイシー黒糖カリー(千円)は甘辛で、コクとまろやかさのバランスが絶妙な一品だ。タコライス、カレーともにターメリックライスが味を引き立てている。

 古宇利産の紅イモを使用した色鮮やかな紅いもスムージー(600円)もイチオシ。焼き芋にした後にペーストし、イモの甘さを出すことにこだわったという。ほかにココナッツミルクとパイナップルのスムージー「ココ・ピニャコラーダ」(600円)や豆乳黒みつ(400円)などがある。

 木のぬくもりのある店内のテーマは「レトロ」。もともと建築やデザインの仕事をしていた雅人さんが地元の人から譲り受けた木材などを使用し、1年かけて内装を手掛けた。淳子さんは「お客さんは地元の人や観光客の方などさまざま。店構えを見て、ふらっと来てくださることが多いのかな」と話す。

 「自分たちが本当においしいと思うものを」と日々研究を重ねる二人。淳子さんは「のんびり、ゆっくり過ごしてほしい」、雅人さんは「地元に溶け込んだお店にしていきたい」と笑顔で語った。

(北部報道部・當銘悠)

 【お店データ】今帰仁村古宇利2248。営業時間は午前11時~午後8時。水曜日は休み。来店前は電話で要確認。電話0980(56)3123。