旧暦八月十五夜に当たる1日、県内の夜空に「中秋の名月」が浮かんだ。

那覇市首里の夜空に浮かぶ「中秋の名月」=1日午後6時31分(金城健太撮影)

 午後6時半すぎ、那覇市おもろまちから首里を望むと、雲の切れ間から、黄色い満月が顔を出した。涼しい風が吹く中、ゆっくりと昇っていく大きな月を道行く人が見上げていた。