沖縄タイムス+プラス プレミアム

光の首里城、沖縄のデパートで点灯へ 再建願い10月下旬から

2020年10月2日 14:33

 昨年10月31日に焼失した首里城の再建機運を盛り上げようと、オリオンビール(豊見城市、早瀬京鋳(けいじゅ)社長)など県内14社でつくる「首里城うむいの燈(あかり)プロジェクト」は1日、那覇市のホテルロイヤルオリオンで会見し、10月下旬から11月中旬にかけて、再建を願う三つのイベントを実施すると発表した。首里城正殿の再建が完了する2026年まで続け、首里城周辺地域の活性化につなげる。

首里城をかたどったLEDライトのオブジェを点灯する「首里城うむいの燈(あかり)モニュメント」のイメージ図

「首里城うむいの燈(あかり)」の実施イベント

首里城をかたどったLEDライトのオブジェを点灯する「首里城うむいの燈(あかり)モニュメント」のイメージ図 「首里城うむいの燈(あかり)」の実施イベント

 「首里城うむいの燈モニュメント」の名称で28日~11月15日の期間中、パレットくもじイベント広場で、首里城のアウトラインをかたどったLEDライトのオブジェを点灯する=イメージ図。

 30日~11月8日は首里城公園内の広場で飲食を楽しむ「首里城うむいの燈ランタン夜市」を開く。火災当日の31日は公募や抽選で選ばれた500人がLEDランタンを掲げ、県民広場から首里城まで練り歩く。

 オリオンがイベントを企画し、県内各社に協力を呼び掛けた。会見で早瀬社長は「県内の企業や行政、マスコミが一緒になってつくり上げるプロジェクト。気持ちを一つに希望の明かりのイベントにしていきたい」と抱負を述べた。

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング