沖縄県西原町商工会青年部は設立40周年記念で「コロナに負けるな! 花火で見上げる西原の夜空」を企画し、3日午後8時に町内で花火75発を打ち上げる。時間は約2分半。打ち上げ場所は「3密」を避けるため非公開。

サプライズ花火をPRする西原町商工会青年部の富原基史部長(右端)ら=9月29日、西原町小橋川・同町商工会

 同部は45歳以下の町内事業所の経営者31人が集う。献血運動や、熊本地震を機に熊本県西原村の児童との交流事業などに取り組んでいる。

 富原基史部長は「西原の空を見上げて、少しでも町民が笑顔になってくれたらうれしい」と話した。最後の一発は、同部のイメージカラーの青い花火が打ち上がる。