ジェットスター・ジャパンの那覇発成田行き310便の機内で4日、離陸前に酒に酔った状態の外国人女性が一緒に乗っていた外国人男性に暴力を振るうなどし、機長の判断で降ろされるトラブルがあった。

ジェットスター・ジャパン

 同社によると女性は男性と2人で搭乗。降りるよう求められても乗務員の指示に従わず不安定な言動を続けたため、通報を受けた警察が対応した。同機は午後7時25分発の予定から37分遅れで出発した。乗客132人、乗務員6人にけが人などはいないという。同社は「安全阻害行為になる可能性があると考え、機長が判断した」と説明した。