沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄タイムス社員の不正受給 第三者委が第1回会議 委員長に池田修氏

2020年10月6日 07:12

 沖縄タイムス社は5日、社員による国の持続化給付金などの不正受給に関する特別検証委員会の第1回会議を開いた。第三者を交えた特別検証委の委員長に池田修氏(元沖縄弁護士会会長、ゆあ法律事務所)、副委員長に金城克也氏(県経営者協会会長、りゅうせき会長)を選出した。

沖縄タイムス

 第1回会議では、タイムス側が不正受給の概要や社内調査の方法と手順、現況などを報告した。

 今後、社内調査の妥当性や組織的な課題を検証し、社員教育の在り方など徹底した再発防止策を検討する。報告書を作成し、公表する。池田委員長は「率直な意見交換で、しっかりと検証していきたい」と話した。

 そのほかの外部委員は、儀間常貞氏(沖縄税理士会副会長、儀間常貞税理士事務所)。社内委員として、武富和彦社長、瑞慶山秀彦専務が加わっている。

 次回は15日に予定されている。

<情報を募ります>

沖縄タイムスは新型コロナウイルスに関する持続化給付金など、公的支援制度の不正受給問題の取材を進めています。不正受給に関する情報を広く募ります。

>>記入フォーム

連載・コラム
きょうのお天気