気象庁によると台風14号は6日午後3時、日本の南にあってほとんど停滞している。今後、さらに発達し強い勢力で8日は南大東島の北約120キロに達する見込み。沖縄気象台によると、大東島地方では7日から強風や大しけとなる。8日には大東島地方で暴風となる見込みとして、警戒を呼び掛けている。

台風14号の進路図(気象庁HPから)

 台風は6日午後3時現在、中心気圧992ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は23メートルで、最大瞬間風速は35メートル。

 沖縄本島地方でも7日から強風やしけとなり、8日は大しけとなる見込み。

 台風14号は、予想進路に不確実性が高いため予報円が大きくなっており、今後、進路予想が大きく変わる場合もある。気象台は「常に最新の台風情報を確認して対応してほしい」と呼び掛けている。