気象庁は7日午前5時、台風第14号が発達しながら8日には強い勢力で大東島地方に接近し、その後進路を次第に北よりへ変え、9日以降は奄美地方から西日本へ接近するおそれがあると発表した。暴風や高波に厳重に警戒し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。