台風14号は7日午後4時現在、発達しながら西北西に進み、強い勢力で大東島地方に接近している。沖縄気象台によると、台風が最も接近するのは、大東島地方で8日明け方、沖縄本島地方は8日夜遅くの見込み。大東島地方では7日夜遅くに暴風警報が発令される可能性がある。

台風14号の進路図(気象庁HPから)

 気象庁によると強い台風14号は7日午後3時現在、南大東島の東約380キロにあり、速度を速めながら1時間に20キロの速さで西北西に進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は35メートルで、最大瞬間風速は50メートルに達している。台風の中心から半径95キロ以内は暴風が吹いている。

 台風は強い勢力をたもったまま、8日午後3時には奄美大島の東に達する見込み。

 大東島地方は、7日夜のはじめ頃から非常に強い風が吹き、8日明け方から8日昼過ぎにかけて暴風となる見込み。沖縄本島地方は、7日夜遅くから強い風が吹く見込み。気象台は先島諸島でも8日から強い風に注意を呼び掛けている。

 台風の影響で大東島地方は、7日夕方から大しけ。沖縄本島地方でも、8日明け方から大しけとなる見込みで、気象台は、うねりを伴った高波に警戒を呼び掛けている。先島諸島は、7日夜遅くからしける見込み。

 大東島地方は、7日夕方から落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要。8日は激しい雨が降るおそれがある。