気象庁は7日午後5時、強い台風第14号は8日明け方には大東島地方に最も接近し、その後9日以降は奄美地方から西日本へ接近するおそれがあると発表した。暴風や高波に厳重に警戒し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫への警戒を呼び掛けた。

台風14号の進路図(気象庁HPから)

 強い台風第14号は、7日午後6時には南大東島の東にあって、1時間におよそ25キロの速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径95キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風は発達しながら8日明け方には大東島地方に最も接近し、その後進路を次第に北より、東よりへ変え、9日以降は奄美地方から西日本へ接近するおそれがある。

 台風の接近に伴い、沖縄地方では7日夜から、九州南部・奄美地方では8日から、非常に強い風が吹く見込み。沖縄地方や九州南部・奄美地方では7日は大しけとなり、九州南部・奄美地方では8日から9日は猛烈なしけとなる。

 8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、奄美地方25メートル(35メートル)、沖縄地方・九州南部で23メートル(35メートル)、九州北部地方20メートル(30メートル)。9日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州南部・奄美地方 25~29メートル(35~45メートル)。沖縄地方・四国地方・近畿地方で20~24メートル(25から35メートル)。

 8日にかけて予想される波の高さは、九州南部・奄美地方10メートル、沖縄地方8メートル、四国地方6メートル。9日に予想される波の高さは、九州南部11メートル、奄美地方10メートル、沖縄地方・四国地方7メートル、九州北部地方・近畿地方6メートル。気象庁は暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒を呼び掛けている。

 大東島地方では台風が接近する8日を中心に大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った激しい雨の降る所がある。また、日本の南の前線の活動が活発となるため、8日は東日本でも激しい雨の降る所がある。

 9日は、台風や前線の影響で、西日本や東日本で大雨となる見込み。8日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、関東甲信地方150ミリ、沖縄地方・東海地方100ミリ。9日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、関東甲信地方・東海地方100~200ミリ、近畿地方100~150ミリの見込み。