気象庁によると強い台風14号は7日午後10時現在、南大東島の東北東約270キロにあって、1時間に25キロの速さで北西に進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートルで、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径95キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。台風は今後、発達しながら北西に進み、8日明け方には強い勢力で大東島地方に最も接近する見込み。

台風14号の進路図(気象庁HPから)

 大東島地方では北西の風が非常に強く吹いており、9日にかけて非常に強い風が吹く見込み。沖縄本島地方では9日にかけて北のち北西の強い風が吹く見込み。台風の進路によっては、大東島地方は7日から8日にかけて暴風となるおそれがある。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)は7日、大東島地方23メートル(35メートル)、沖縄本島地方 15メートル(25メートル)。8日は大東島地方23メートル(35メートル)、沖縄本島地方17メートル(30メートル)。9日は大東島地方20~24メートル(25から35メートル)、沖縄本島地方15~19メートル(20から30メートル)。

 沿岸の海域ではうねりを伴い、大東島地方は大しけ、沖縄本島地方ではしけている。沖縄本島地方でも8日朝から、大しけとなる見込み。気象庁は、うねりを伴った高波に警戒を呼び掛けている。先島諸島でも波が高くなっており、8日は次第にしける見込み。

 大東島地方では、8日にかけて発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こるおそれがある。気象庁は、屋外活動などに十分な注意を呼び掛けている