考古学や沖縄近現代史の専門家たちは、戦跡を文化財と見なす時流が1970年代後半に起こったとする。慰霊の場が、戦争証言を裏付ける物証としての意味合いも帯びるようになったのだという。